毛穴ケア!効率的な洗顔方法やスキンケア情報をご紹介!

毛穴を目立たなくする20代のケア!その基本とは

2017/09/24

スキンケアスペシャリスト一般的に20代の肌は、分泌物が多い傾向にあるため、それだけ汚れが付着しやすい肌質になっています。最も肌が汚れやすい年齢層と言っても過言ではありません。洗顔やクレンジングの前後のケアが大切です。

とにかく20歳代の肌は、想像以上に汚れやすく、汚れています。清潔を保つためには、やはり洗顔のやり方に重点を置くべき時期ともいえます。

20代の肌や毛穴は、最も汚れやすい!

20代のケア

肌の状態を良好に保つことは、全ての女性にとって共通の課題だと思います。季節や生活スタイルなどによってもその方法や対応が異なる場合も少なくありません。当然、その時の自分の肌質に会った適切なケア方法を実践することでより高い効果が期待できます。そして、年齢層によってもも適したケアの手法は違ってくるため、情報収集を行う際にはその情報がどれくらいの年齢層の人に向けられたものなのかをきちんと見極める必要があります。これっ、意外に重要な情報収集の基本です!

20代の肌は、まだ若く脂分が多いため汚れやすいことが、いちばんの特徴です。一般的に、この年齢層は総じて分泌物が多く、放っておくとすぐに毛穴が詰まりやすい傾向にあります。従って、20代のスキンケアで最も重要でかつ基本となるのが、汚れを丁寧に除去し毛穴の詰まりを防止するためのケアになります。つまり、肌に必要な水分や脂分をしっかりと補いながらも、過剰に分泌されてしまうものは適切に取り除いてあげるのが基本となります。言うのは簡単ですが、実はこれが基本的でありながら最も難しケアとなります。

先ずは、ベースとなるクレンジングや洗顔の方法が重要です。様々な成分が添加された洗顔料やフォームなどが数多く販売されていますが、その成分が肌にとって適切なものであるかどうかを見極めましょう。石油系のものをはじめ、化学的に生成された成分は必ずしも肌に良い影響を与えない場合も多く、注意が必要です。こうした成分自体が全て肌に直接悪影響を及ぼすとしたものではなく、重要なのは成分と自分の肌質との相性です。

基本的に、天然由来のもの用いたものや、無添加のものを使うのが安心安全といわれていますが、肌質との相性は別問題です。「自然な成分=相性も良い」とはならないのです。

しっかりと汚れを落とし後は、肌に必要な水分、脂分を補給することが大切です。洗ったままの状態で放置すると、汚れと一緒に必要であるはずの皮脂も失われたままなので、肌がデリケートな状態(無防備な状態)のまま放置されていることになり、赤くなったり、毛穴が開いてしまう原因にもなります。

潤いを保つには洗顔後のケアがとても大切

洗顔やクレンジングの後は、成分に気を付けながら選んだ化粧水、乳液、クリームなどを使い、ゆっくりと時間をかけて肌に潤いを与えてあげましょう。毎日触れていると忘れてしまいがちですが、人間の皮膚は思いの外薄く繊細な物なので、力任せに行うのではなく、両手の感覚をよく働かせてデリケートなものとして扱うことを心がけましょう。

こうして、汚れを除去し、潤いを与え肌の状態を整えることによって、毛穴が詰まったり、開いてしまう事を防ぐことができます。若い20代の毛穴ケアは先ずは、余分な皮脂によて汚れた部分を取り除くこと、そしてその際に失われた水分や脂分を適切な方法で補ってあげることがポイントです。

こうして、油断することなく適切な毛穴ケアの方法をしっかりと把握しておくことで、10年先の30代、更に先の40代の肌質が保たれるといっても過言ではありません。本来持っている肌の美しさを最大限に引き出し、本人の魅力に合った健康美を維持することができます。