毛穴ケア!効率的な洗顔方法やスキンケア情報をご紹介!

石鹸で洗顔する!意外に肌にいい。その理由とは?

2018/11/02

スキンケアスペシャリスト洗顔の目的は、肌についたや異物、メイクと皮脂の混ざった汚れ、などを洗い流して皮膚を清潔に保つことです。

昨今の洗眼剤は、クリーム状のものパウダータイプのものジェルタイプのもの、など各種販売されていますが、意外と固形石鹸が有効で肌にいいです。

洗顔剤を選ぶ際、何となく無条件で固形石鹸を外していませんか?もちろん、すべての人に対し固形石鹸で洗顔することが有効なわけではありませんが、まったく試したことがないのももったいない話です。以下、石鹸と洗顔について解説します。

洗顔とクレンジングの違いについて

石鹸で洗顔

スキンケアスペシャリスト洗顔することで、メイクも落とせないの?とする疑問や質問は、よくあります。ダブル洗顔不要!をキャッチにした商品もあるので、色々と混乱してしまうのも無理はありません。しかし、洗顔とクレンジングとでは目的が明確に異なります。

洗顔は、日常生活の汚れ、つまり主に水性の汚れを落とすのが目的です。一方、クレンジングは主にメイクなどの油性の汚れを落とすのが目的です。したがって、男性の多くはメイクはしませんので、基本的にクレンジングは不要ですが、洗顔は必要です。

メイクをした女性は、基本的にクレンジングと洗顔が必要になります。では就寝前にクレンジングと洗顔をしたのに、なぜ、翌朝に洗顔が必要なのでしょうか?それは、寝ている間にも、汗やほこりが肌についているからです。

こうした、汚れを放置した状態で、その上からメイクをすると、汚れを広げたり、閉じ込めたりするようなものです。だから、朝の洗顔も必要なのです。

石鹸で洗顔すると意外にいい理由

スキンケアスペシャリスト昨今の洗顔剤は、色々な研究と検証を重ねて開発されています。その多くの場合は、洗顔で極端に皮脂など落とし過ぎないように、もしくは、洗顔後にしっとり感が実感できるように開発されています。

要するに、こう感じるような成分が配合されていることになるのですが、そのような成分は概ね油分です。残された油分によって、しっとり感を実感しています。しかし人によっては、こうした油分が裏目に出てしまう場合があります。

また、こうした状態は、既に洗顔後の肌に油分が塗られてしまっているのと同じ状況ともいえるため、場合によっては、洗顔後のケア効果(化粧水や美容液)を妨げる恐れもあるのです。

こうしたなか、石鹸はその特性上、余分な油分が含まれていないものが多いため、皮脂をしっかりと落として、洗い流した後は基本的には油分は残りません。こうした、まっさらな状態の方が、ケアのしやすさを実感する人も少なくありません。

要するに、石鹸は効果が作用がシンプルなため、人によって他のどれよりも扱いやすくなります。洗顔は、色々試したけど、どれもしっくりこない。と悩んでいる人は、一度、固形石鹸での洗顔を試してみてはいかがでしょうか。